忍者ブログ

201号実験室(Lostempty`s lab)

UTAUについて色々奮闘するページです。初めての方は概要をカテゴリから選択して見て頂けると良いと思います 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


集え彼らが蒼音一家。とりあえず男の娘なので女性はいません。
タヤタヤファイヤーを作ってみている白神です。何故か知らないけれど、作っていたらタヤオ(オク下でg+7~8あたりからの声を適当に呼んでいる)とロリータヤ(g-15。gはともかく、とりあえずロリっぽい声ならロリータヤ)が出現してしまいました。そんなに三人が好きか白神。
・・・もっとも、ロリは何か埋もれやすい上に普通タヤ(といってもg-5)と合わせるといまいち違いが分からなくなるのでお役御免となりましたが。
g変化の実験で先ほど、何を思ったのかタヤだけでIMBの一番だけ作ってしまいました。結果として、がくぽパートと兄さんパートの違いがあまり分からなくなったんですが。特にサビ。
ちなみにがくぽパートのタヤはg+12くらい・KAITOパートは+5・レンパートはロリータヤがg-10あたり。
タヤのgは-2だと結構あるんですが、大幅に下げると今度は音量が無いようです。

・・・それよりもE.F.B用イラストを描けという話ですね。サーセン。
磁石と千年はともかく、E.F.Bに関してはぴくしぶから支援中イラストを探そうと思います。
本当は一応E.F.B用絵描いてはいるんだ、いるんだけどね・・・線画段階でセンターのタヤの両隣にうっかり二人足しちゃったという。ペンを一応全部入れておいて、PCに取り込む時に二人の線を消して後から使いまわせるようにするか、それともタヤだけ描き直すか一応考え中です。
右隣曰く「使いまわすなし」・・・普通はそうですね。

メモ:タヤの「き」の音素に対してHオプションを20~30くらい足しておくと良い?
例える言葉が見つからないんですが、「き」が何かひっかかっている感じがする(特にジェンダーを下げると顕著になる?)のに対してHオプションをやると良いかもしれないことに今日気づきました。

遊んでみた12~暗殺どころの騒ぎじゃない~
ちなみにustはむのーPが配布されているものを使用しております。ほとんど先行発声とかはいじっておりません。



ミクパート:オオルリ KAITOパート:スイム
スイムの音階を一段階上げるか迷いましたが、そのままでも何かいけそうだったのであえていじっていません。オオルリさん、なんかごめん。



ちなみにオオルリの声をオク下に設定した場合・・・うん、オオルリだ。
凄く、配置が逆です。

見ていたコルリさん(g-10)が喋り出した。



オオルリ「そうじゃないのか?」
コルリ「ええ」
スイム「今回限りで許すわ」

・・・何故かUTAU界の紳士2トップは二人して下の名前が鳥の名前なのを思い出しましたが、オオルリさんに関してはHANASU練習がてらに思いつきで喋らせただけなので深い意味はありません。うちのオオルリさんは螺子が何処かに消失したとはいえ普通の人です。○リコンじゃない。(○に入る文字の判断は任せます)
とりあえずこの逆配置のFull制作予定は今のところ無し・・・というか、絵に出来ません。パートに忠実に描くと王子の格好のスイムと・・・ドレスのオオルリになってしまうからです。あみだくじの結果とはいえ、前者はいいけど後者は流石にまずすぎる。


おまけ:ツッコミどころに困るサンドリヨン



ミクパート:タヤ KAITOパート:モンとイモコ
タヤ「これはどっちから刺しにいけばいいんですか?」
モン・イモコ「「さあ?」」

バランスクラッシャーにも程があります、本当にありがとうございました。
PR

名 前
メール
URL
題 名
文字色 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
手 紙
合言葉
 
TBURL
記事URL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Web拍手

これまでのUTAU製作物

最新CM

[08/24 abphbaosga]
[03/12 NONAME]
[04/10 Kanon]
[12/10 ぬかづけ]
[11/13 ほわいとへっじ]

最新TB

プロフィール

HN:
弦城(3グラスP)
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 弦城(3グラスP). All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim